就業規則作成・人事評価制度作成・経営理念作成

三重県鈴鹿市の社会保険労務士事務所

理想組織研究所ひとラボ

無料相談窓口 今すぐご相談を!  
059-373-7386
受付時間
平日9:00~18:00(担当:加藤)

お気軽にお問合わせください

経営理念作成

『経営理念』とは?

 

『経営の判断基準になるもの』

企業経営において、経営戦略から、各種経営判断。人事・組織運営においては、採用・教育・評価・風土づくり。

企業活動のすべての決断、運用が成される際の基軸となるものだと考えます。

 

 

『かんたん・シンプル』

小学5年生でも理解できる「かんたんさ」。20⽂字程度で表現された「シンプルさ」。新入社員からベテラン社員まで、世代を問わず理解されなくてはいけないからこそ、難解な言葉で長々とつづられたものは経営理念としてはナンセンスです。

 

※「経営理念」という呼称について

「企業理念」「経営⽅針」「ミッション」「ビジョン」「バリュー」「パーパス」等、様々あり、厳密な定義づけをすれば分類は可能かもしれませんが、

実際、どこの企業も驚くほど個々バラバラで、統⼀された呼称はありません。重要なのは呼称ではなく、経営者の思いや価値観がしっかりと反映されて

いるかどうかなのです。(当然、『経営理念』・『⾏動指針』も、説明上の呼称であって、弊所がお客様に、この呼称を強制することもございません)

サービス内容

経営理念の「作成」

                                            経営理念、行動指針の完成納品までの所要時間:通常6ヶ月

経営理念の「浸透」

研修の実施

社員の理解を深め、日々の業務で経営理念に沿った行動が実践できるように、お客様のご要望にあわせて内容を構成して実施

浸透策やツール作成

サンクスカードや携帯型手帳・冊子など、お客様に適した浸透策やツール作成もコンサルティング

CIデザイン

経営理念の作成を機に、ホームページや会社の
ロゴマークの刷新、ポスターやタペストリー、
名刺や封筒などのデザイン企画

                                                                (※CIデザインについては、WEB制作会社、

                                                                 デザイン会社との提携によるサービス提供となります)

『社会保険労務士事務所ひとラボ』と一緒に経営理念をつくるメリット



 
人事労務管理面への展開にも対応できる

 

 

・経営理念を反映させた⼈事評価制度の作成

・人事評価の結果を反映させる賃⾦制度(賃⾦規程)の作成

・働き⽅のルール変更による就業規則の変更

・労働関係法の専門家として労務管理上の課題克服



 

経営理念の作成だけでなく、

理解浸透策までコンサルティング

 

何事もそうですが、「作っておしまい」では何も変わりません。

社員全員に理解され浸透して初めて、「ひとまずの完成」です。

その先も、形骸化しないように様々な対策が必要です。

上記のような「研修の実施」「浸透策やツール作成」「CIデザイン」など様々な

コンサルティングメニューで、組織⽂化が醸成されるまでおつきあい致します。

 



 
上記サービスがすべて一貫して、“社外の第三者”加藤による
専任担当なので、経営者様の思いがモレやズレなく伝わる

何利害関係にない社外の第三者としてインタビュアーになり、その業界の常識や思い込みに

とらわれることなく、質問します。それに答えてもらうことにより、想定外の「思い」や

「価値観」に気づかれることも多々あります。

そこから「経営理念」「行動指針」に錬成して作成し、浸透策へと展開させていきます。

これら一連の流れが担当者別に分けられることなく、一貫して加藤による専任で進めるので、

経営者様は安心してお任せいただけます。

心に響く経営理念、面白い経営理念等、随時掲載しています

実績のご紹介

「売上アップもうれしいけど、それ以上に社員が自主的に判断できるようになったことの方がうれしい」

 

社長自身と「同じ感覚」で物事を判断し、実行に移せる人材が育たないことが課題の会社。故に、イベントの企画から新メニューの開発まで、すべて社長自身が判断し、指示出さなければ日常の運営が進んでいかなかった・・・                                         >続きを読む 

「経営者の思いをしっかり反映できた経営理念ができた。その後の研修も、社員の意識が変わったことは明らかだったし、自主性は向上したね」

 

当時は、大手企業の下請がメイン。来る日も来る日も大手の急な発注や納品の締め切りに振り回され、社長も従業員も疲弊していた。そんな状況を打破すべく、自社で製品を企画し、製造、販売する方向へとシフトしていく過渡期・・・                                                       >続きを読む 

「経営理念も人事評価制度も、やっぱり第三者が入ってくれることはいいですね。どうしても自分だけだと、思い込みもあって視野が狭くなるし。」

 

経営全般の判断は当然のこと、経営理念から人事評価制度まで、何でも自分で作ってしまう多能な社長。しかし、だからこそ、独りよがりのものになってはいけないという俯瞰の視点も持ち合わせている。第三者的に見て、更なる改善点はないか?その意見を欲し・・・                                                       >続きを読む 

「『先日、御社の経営理念を見て、賛同した』と言って社員応募があったよ。しっかり見てくれているんだね。うれしいね」

 

先代からの代替わりをしたばかりの二代目社長。ちょうど加藤と別件で打合せ中、このタイミングで経営理念を明文化しようということになった。先代社長の時代は社員もまだ少なく、目が行き届いた。しかし、現在はもう20名にも迫る人数になり・・・                                                       >続きを読む 

ストーリー

   経営の様々な場面で必要な判断。その時、経営理念という基準があれば、迷いはなくなります。

あれは、2012年のことでした。東京で活躍する人事コンサルタントの先輩との会話で、『経営者の思いを頭の中から外に出して可視化してあげる。それによって従業員は言動がブレなくなる』ということの重要性と、また中小企業では、それが実現されずに日々の運営が行われているという現実を突きつけられたのです。

人事・組織分野に携わる仕事(社会保険労務士)をしている者として、様々な制度構築や法令順守もさることながら、もっと根本的な経営課題を解決するお手伝いが必要ではないのか?と感じ、手探りながらも早速「経営者の思いを可視化する」サービスの提供を開始したのです。

2013年、そのサービス開始の案内を掲載したニュースレターを読んでくださった経営者様から早速、ご依頼を受けました。失礼ながら、その経営者様も例にもれず、ご自身の熱い思いはあるものの、それを可視化することはされたことがなかったのです。何度もヒアリングを重ね、その経営者様の思いが言語化できた時は、探し物が見つかった時?いや、もっと大切な、宝物を発見した時のような「ついにコレにたどり着いた!」という感覚だったことは、今でも鮮明に記憶しています。おおげさでも何でもなく、素直にそう感じました。

 

その貴重な経験から「経営者の思いを可視化する」コンサルティングの重要性と可能性を実感し、調査研究を重ねていきました。 そして、「経営者の思いを可視化する」とは、つまり「経営理念」のことでると考え、『経営理念作成コンサルティング』へ発展させ、経営理念の作成の実績を重ねていくだけでなく、研修や理解浸透策、CIデザイン等まで対応できるように進展し、現在に至ります。

経営理念トピックス

経営理念の変更について

経営理念の変更。つまり、一度作成した経営理念は変えてはいけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

会社の成長、発展にともなって変えていいのです。むしろ変えなければいけないと思います。従業員数や人員構成、取り扱う商品サービスの内容構成、関係する取引先や地域等、色々な要素が変化し、また時代の流れもあります。それらに臨機応変に柔軟な対応が必要です。

しかし、変えてはいけないものもあります。

それは、根幹にある価値観、つまり会社としての信念、存在意義です。

根幹の部分が変わらなければ、会社の節目節目で、その時に最適なものに変更していきたいですね。

経営理念に関する電子書籍出版のご紹介

『一番わかりやすい経営理念と事例解説』を出版しました。 

目次

第1章 経営理念がない会社は、5年後生き残れない

・そもそも、経営理念とはいったい何なのか?
・「経営理念なんて作っても、売上・利益が上がる訳ではない」は本当なのか?
・経営理念があっても、「いつもそばにある」でなければ意味がない
・経営理念は、なぜ「かんたん・シンプル」でないといけないのか?
・経営理念があれば、人材採用も人事評価も悩み無用!
・時代は「社員の幸せ」の方向へ向かっている


第2章 「こんな会社で働きたい」と思わせる経営理念
・「経営理念は他社のマネでいい」は本当なのか?
・経営理念事例紹介10選


第3章 これから理念を作成しようと思っているあなたへ
・経営理念の作り方、たった3つの着眼点
・経営理念を理解・浸透させるための、たったひとつの意識
・まずは頭の中にあるものを可視化してみる

お問合せ・ご依頼

お電話でのお問合せ

059-373-7386

受付時間:平日9:00〜18:00

フォームでのお問い合わせ・ご依頼も承っております。
原則48時間以内に回答させて頂きます。